スポーツウェアAVの世界:競泳水着のエッチ動画を紹介

男優はいらない

girl smiling

ある日、スポーツウェアAVの世界で誰かが言いました。「もう、男優は必要ないのではないか」と。その声をきっかけにあるジャンルがスポーツウェアAVの中に誕生しました。すでにその存在自体がマニアックだったスポーツウェアAVですが、その中にさらにマニアックなジャンルが誕生したのです。それは「スポーツウェア姿の女の子の、普通の姿をただただ愛でる」というものでした。
動画に登場するのは、たとえばぴったりした競泳水着を身に着けた女の子がひとり。彼女がホテルの一室で、ベッドの上でポーズを取ったりちょっとオナニーをしたり、カラダを自在にくねらせて、競泳水着のわきの部分にできるシワ、ハイレグで引き締められた太ももの筋肉の躍動などを余すところなく観察させてくれる……そんな動画作品です。
あるいは、競泳水着を身に着けた女の子がプールで過ごすひとときをドキュメンタリーの手法で撮影する動画作品も存在します。
すなわち、彼女は特にカメラを意識せず、AVという雰囲気はみじんも感じさせずに競泳水着姿になり、ゴーグルとキャップを付け、プールサイドに立ちます。柔軟体操をみっちりと行うさまをカメラがねっとりとした目線で追います。カラダを曲げ伸ばす運動が克明に描写され、彼女のカラダがいかに鍛えられているかということが示されます。そしてついにクライマックス。彼女は透きとおった水をたたえたプールにとびこみ、美しいフォームで25メートルを颯爽と泳ぐのです。柔軟体操のシーンで感じた予感が見事に結実するそのクライマックスは、「大放出」必至の、マニア垂涎の、ヘンタイ紳士にとっては極エロのクライマックスなのです。